坂戸いけばな協会

目的

本会は、華道の普及と振興を図り会員相互の親睦を目的とする。

沿革

昭和36年坂戸茶華道連盟として発足し、平成15年に現在のいけばな協会に名称を変更致しました。50余年の歴史があります。

事業

  • 坂戸いけばな協会主催いけばな展 (5月)
  • 坂戸市芸術文化祭 (11月)
  • 親睦会、研修旅行、公共施設での展示等

会員

華道教授者、各流派に属する者、又はお花に携わる者

現在は池坊、大和花道、日本古流、小原流、真古流、古流松東会、龍生派、古流松楽会、 遠州古流、真派松月古流、古流松藤会、古流大観流、草月流、桂古流

会費

入会金 2,000円

年会費 2,000円

生け花や、フラワーアレンジメントをなさっている方、お仲間になりませんか。

花展は年2回 (5月、11月)行っております。

是非会場にお出かけ下さい。そしてお気軽にお声掛けください。

お互いの親睦をはかりながら坂戸市の文化向上の一端を担いましょう。

貴方からのお問い合わせをお待ちしております。

 

代表 丸山定子

TEL&FAX 049-281-4570