坂戸市三曲会

成り立ち

結成は昭和57年(1982)に、箏・三弦・尺八愛好家(師匠資格者)17名で発足しました。

箏・尺八にはそれぞれいくつかの流派がありますが、本会は各流派に所属する演奏家(師匠資格者)が大同団結したものです。

現会員(令和4年)は13名で、それぞれの会員が若干名の弟子を持って活動しております。

目的

 本会は「三曲の維持、普及を図り、併せて会員相互の親睦を深めるとともに、市民文化の向上に寄与すること」を目的に活動しております。

活動

例年、秋に行う定期演奏会が主な行事です。演奏会は令和4年で37回を重ねました。

日常的な活動

  • 各会員内での練習(お稽古)演奏会
  • 会員相互の合奏練習(稽古)
  • 所属流派の演奏会
  • 公民館・老人ホーム・学校等から演奏等依頼があれば、応じています

令和4年度・第19回坂戸市芸術文化祭行事として、「第37回筝曲・尺八演奏会」を、10月16日(日)、坂戸市入西地域交流センターにおいて、坂戸市長のご挨拶に始まり盛大に開催しました。多数のご来場者の皆様に感謝申し上げます。

 

なお、曲目、写真については「活動状況」をご覧ください。

代表 新井如山

TEL&FAX 049-284-5583